丸の内街情報

日比谷公園

日比谷公園

明治36年、皇居の南に日本で最初に都市計画によって誕生した洋風の近代的な都市公園 海外の観光客がたくさんで、よく話しかけられたりします。

春や夏には芝生に座ってお昼を食べる人も多く都心とは思えない落ち着く空間です。

東京マラソン

東京マラソン

東京マラソンは、世界陸上競技選手権大会男子代表選手選考競技会も兼ねています。

毎年10倍くらいの抽選で、なかなか当たらない人も多いみたいです(笑)

マラソン:30,000人、10km:5,000人が参加する大型イベントで、一般の人でも参加できます。
東京がひとつになる日がキャッチフレーズで日本中から参加する人が集まってくるマラソンは必見です。

KITTE

KITTE

013年3月21日オープンした日本郵便が手がける東京駅直結の商業施設です。
地下1階から地上6階の7フロアーに飲食・ファッション・雑貨などの女子が好きな お店が98店舗も勢ぞろいしています。
その中でも注目なのは、地下1階にある『キッテ グランシェ』です。 全国のご当地グルメを取り揃えた34店舗が集まっています。
KITTE(キッテ)でしか購入できない、元祖牛まぶし・みわ屋の『特選ビーフステーキ300』4980円や本場の仙台の牛たん専門店 
伊達の牛たん本舗の『伊達むすび』はとくにおすすめです。
1階には地上庭園『KITTE ガーデン』からは、東京駅丸の内の駅舎を一望でき、憩いの スポットとなっています。
夜は、夜景がとってもきれいです。

東京駅 赤レンガ駅舎

東京駅 赤レンガ駅舎

1914年に建てられた東京駅丸の内駅舎は、国の重要文化財でもあり、赤煉瓦づくりの歴史と風格が漂う建物です。
2007年から保存・復原が行われ、巨大地震にも備え、補強工事が行われました。

東京駅赤レンガ駅舎は、南北にドーム型の屋根があり、開業当時は丸の内南口が乗車口、丸の内北口が降車口に分けられていました。
駅舎の内部のほとんどが『東京ステーションホテル』となっています。
日没から21:00までライトアップされ、昼間とはまたちがった顔をみせます。
照明デザイナーの「面出薫」氏がデザインし、6つの照明手法を利用しているのも見所です。

丸の内仲通り

丸の内仲通り

丸ビル・丸の内パークビル・新東京ビルなど17のビルが建ちならぶ丸の内のメインストリートです。

石畳や街路樹が美しく、高級ブランドやセレクトショップが集まっています。
新緑の季節には、緑がとてもきれいで気持ちよく、冬はイルミネーションで色鮮やかに飾られます。